二日間で満喫?
ロンドン観光ルート
二日目編

投稿日:

新着記事記事一覧へ >


みなさんこんにちは。Asamiです。

突然ですがこの建物、知っていますか?

こちらの建物はどうでしょう。

ではこちらはいかがでしょうか?

そう、これらは全てイギリス・ロンドンにある建物なんです。
今回の記事では、前回に引き続きロンドン市内の上記のような有名な建物や観光地をご紹介していきます♪

観光の所要時間はだいたい9:00amくらいから3:30pmくらいの半日。
行った場所や順番は下記のような感じです。

短時間しかロンドンに滞在できないけどとりあえず有名所は押さえておきたいという方、よければ参考になさってみてくださいね。

旅行日時 : 2017.9.30

 

タワーブリッジ

 

9:00am頃

宿で朝食とチェックアウトを済ませ、荷物を預けタワーブリッジへ向かいます。

地下鉄を使ってタワーブリッジから少し上流のロンドンブリッジに到着。
ここから景色を楽しみながら橋へ向かいます。

天気は幸運にも晴れ。

しばらく屋根のないところを歩いたので暑いくらいでした。
風が気持ち良いです。

橋のふもとに到着すると、馬に乗った警察官に遭遇。
背景のタワーブリッジとも相まってめっちゃかっこ良いですね〜

橋のすぐ隣には世界遺産の中世の城塞、ロンドン塔があります。

この日は時間がなかったので惜しくもスルー。外から見ただけでもすごくかっこよかったのでもし時間がある方はどうぞ。

ロンドン塔


最寄り駅
地下鉄Tower Hill駅、またはバス停The Tower Of London、Tower Gateway、St Katherine Dock、Tower Bridge City Hallなど
橋内部の営業時間
日 – 月 : 10:00 – 16:30 / 火 – 土 : 9:00 – 16:30

ふもとからの景色を楽しんだ後、タワーブリッジを歩いて渡ります。


チケットを購入すれば橋のさらに高いところへ登ったり、内部の跳ね橋用エンジンルームを見学することもできるそうですよ。

タワー・ブリッジ


最寄り駅
地下鉄Tower Hill駅、またはバス停The Tower Of London、Tower Gateway、St Katherine Dockなど
橋内部の営業時間
10:00 – 17:30

さて、橋を渡り終えたところからバスに乗りビッグ・ベンを目指すのですが、途中にあるバラ・マーケットに寄り道。

 

バラ・マーケット

 

11:00am

こちら実は、バスの乗り換えのためロンドンブリッジ周辺でバスを降りてキョロキョロしていたら高架下でなぜか人が賑わっているエリアを偶然発見。

好奇心で入ってみたらたくさんの出店がありました。

エリアの名前はバラ・マーケット(Borough Market)と言って、オーガニックのグッズや野菜や魚介、他にも食べ物やお酒までバラエティーに富んだものが売っています。

食べ歩きできるようなハンバーガーやスイーツのお店も充実していて、グラスを片手にブラブラするのは最高。活気があり、歩き回るだけでもワクワクしてきます。

時間が限られていたので早めに出ましたが、正直いくらでも居られる感じがしました。

マーケットの雰囲気が満載です

綺麗なピンク色のシャンパンを発見したので購入してみました。
値段は4£

持参したサンドイッチと一緒に飲んだんですが、これがまた美味しい。
ちょっと歩き疲れたらここでお酒やおつまみをひっかけるのにオススメです(笑)

 

バラマーケット、実はハリーポッターのロケ地です

 

こちら、映画”ハリー・ポッターとアズカバンの囚人”で漏れ鍋に止まるナイトバスのシーンが撮影された場所だとか!

マーケットの入り口に隣接しているStoney Streetにナイトバスが停車し、ハリーは高架下にある入り口から漏れ鍋に入って行きましたね。

ちょうどこのあたりの位置に立って北の方向を見たときの風景を確認してみたところが以下の景色で、

こちらが映画のワンシーンでナイトバスが走り去ったところ↓

マーケットのアーケードが別の果物屋さんになってたり、隣の建物が古本屋さんにすり替わっていてわかりにくいですが、よく目をこらすと遠くの建物の装飾が同じだったりします!

CGのチカラ、すごい。

バラ・マーケット


最寄り駅
地下鉄London Bridge Underground Station、またはバス停The Hop Exchange、London Bridge Borough High St など
営業時間
月 – 木 : 10:00 – 17:00 / 金 : 10:00 – 18:00 / 土 : 8:00 – 17:00

バラマーケットを楽しんだら、最寄りのThe Hop Exchangeのバス停から出ているN381のバスに乗りビッグ・ベンを目指します。




Booking.com





 

ビッグ・ベン(ウェストミンスター宮殿)

 

13:00pm

到着!
お〜テレビで見たことあるやつ!

国会議事堂であるウェストミンスター宮殿の一部で、ビッグ・ベンと呼ばれているロンドンで最も有名な時計台です。

ピーターパンにも出てきますよね♪

しかしこの時は修繕中で塔が鉄骨で覆われていました、、、、残念。

ビッグベン(ウェストミンスター宮殿)


最寄り駅
地下鉄Westminster駅か、バス停Parliament Squareなど

ビッグ・ベンの周りには他にも幾つか歴史的な建物が密集していて、どれも厳格なゴシック建築が素敵なんです。

例えば↓

 

ウェストミンスター寺院

 

ビッグベンをテムズ川の反対側に回り込むと見えてきます。

上から見たときの建物は十字架の形になっていて、こちらは横から見たデザイン

何世紀もの年月をかけて増改築されてきている教会で、歴代のイギリス国王・女王の戴冠式や結婚式、葬儀が行われてきました。
1987年にはユネスコの世界遺産に登録されています。

内部にはロイヤルファミリーや歴史上の偉人たちのお墓や記念碑などがあり、見どころは沢山。

入場料は22£(3,279円 2018年3月現在)
ちょ~~~~~~~~~~っと高いかな〜〜〜〜〜

ということで迷ったんですが予算オーバーになってしまうので泣く泣く断念。

こちらのブログで内部について語られていますが、とにかく迫力がすごい。。。!!

ウェストミンスター寺院


最寄り駅
バス停Westminster Abbey、Parliament Square、Abingdon Streetなど
営業時間
月 – 土 : 9:30-15:30 / 水 : 9:30-18:00
※9月-4月の土 : 9:30-13:30
入場は閉館の1時間前まで

◆◆◆

2:00pm

少しこの辺りのエリアを下記の道順でおさんぽ。

ウェストミンスター寺院を通り越したところにある右手のビルなんですが、↓のように真ん中にぽっかり通路が空いていて気になったのでちょっと進んでみることに。(入り口に門番みたいな人がいましたが特に何も言われませんでした)

門を進むと綺麗なグリーンの中庭があって寺院を一味違う角度から見ることができたり、おそらく中学校でしょうか、教育機関がありました。
国の重要機関がこんなにすぐそばにあって、歴史ある建築に囲まれて育つってなんてオシャレな子供時代なんだ、、、

中に入って左手に進むと、突き当たりに教会の入り口があります。

ウェストミンスター寺院に併設された教会(もしくは寺院の裏口?)で、無料で見学できるのですがかなり充実しているそう。

あまり知られていない穴場です。

残念ながら私が訪問した時は開放時間外で中に入れなかったのですが、内部の情報についてはこちらのページで紹介されていましたのでご覧になってみては如何でしょう?

もし詳しい情報をゲットされた方、ぜひコメントから教えてくださいね^^

◆◆◆

中庭の角にある出口を抜けて左手に進んでいくと、ウェストミンスター宮殿の方に戻ってきます。
そしてそこで撮った写真がこんな感じ。うまく修繕中の部分が隠れた写真を取ることができました(笑)

詳細な位置はだいたいここ。
オススメのフォトスポットです♪

 

バッキンガム宮殿

 

この日は行けなかったのですが、
ビッグベンのあたりから西に徒歩もしくはバスで15分ほど行くと、バッキンガム宮殿があります。

エリザベス女王の公邸で、衛兵交代が有名ですね。

こちらの衛兵交代は原則的に4~7月は毎日、それ以外の期間は1日おきに行われています。

11時30分から40分間ほどかけて行われるそうで、制服を着た衛兵たちが馬に乗ったっていたり演奏をしていたりと結構大掛かりなパフォーマンスを見ることができます。

かなり人気なイベントですので、最前列で見たい方はとにかく早く行くこと!

詳しいスケジュールはこちらの公式サイトに掲載されています。

バッキンガム宮殿


最寄り駅
地下鉄St. James’s Park、またはバス停Pall Mall St James’s Palaceなど

 

ロンドン・アイ

 

2:30pm

ビッグベンまで戻ってきた後、ウェストミンスター橋を渡ってテムズ川対岸からビッグ・ベンを見てみます。

よく海外のニュース番組で現地リポーターが立っているのはこの辺ですね。

さて、橋を少し北に行ったところにはロンドン・アイという観覧車があります。
ただの観覧車でしょと思ったそこのあなた、この観覧車意外とすごいんですよ!

◆ヨーロッパで一番大きな観覧車
◆一つのカプセルはなんと25人も乗れる大きさ
◆ふもとにあるビッグ・ベンはもちろん、晴れている日にはヒースロー空港まで見えるそう

2000年にできたばかりの比較的新しい観覧車で、一周するのにかかる時間は30分。
のんびりとロンドン市内の景色を堪能できます。

季節によって利用時間は異なりますが、日が沈んでからも営業しているので夜景も楽しめますね♪

ロンドン・アイ


最寄り駅
地下鉄Waterloo Underground Station、Westminster、またはバス停London Eyeなど
営業時間
10:00am-21:00(10-3月は20:00まで、7-8月は21:30まで)

この時の時刻はだいたい3:30pm
夜にはオランダへの飛行機移動があるためロンドン観光はこれにて終了となりました。

個人的な感想としては、イギリス人は意外と性格が日本人に似ていた印象。
正直もっとプライドが高くてかかわりにくいイメージ(すみません)だったのですが、みんな優しくて過ごしやすかったです♪




ロンドンの郊外への旅にも興味がある方、こちらの記事↓ではロンドンからの日帰り旅行にもおすすめな観光スポット、セブンシスターズの崖についてご紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。

ロンドンから日帰りOK!絶景、セブンシスターズ




次回はオランダへ行くために利用したルートン空港へ、ロンドン市内からバスを利用した行き方について書きたいと思います。

ロンドンからルートン空港への移動


See ya.;)






Booking.com






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です